娯楽系インフラエンジニアのキャリアパス

インターネットサービスは、かつてに比べて魅力的なコンテンツが増えた。エンターテイメントの分野でも、インターネットを起用したサービスが展開されている。そのため、インターネット関連の仕事についても、エンターテイメント業界のように華やかな仕事のように思える。しかし、目覚しい活躍を期待し、ネット関連のキャリアパスにインフラエンジニアの仕事を選んだものの、実際の仕事とのギャップに悩むという事例もよく起こる。このようなギャップが生じる要因としては、インターネット関連の仕事はあくまでネットワークサービスを提供するための縁の下の仕事であることが、理由としてある。
インフラエンジニアが手がけるサーバーといったような情報通信機器は、ゲームや音楽配信など、人気のネットサービスを提供しているため稼動しているものもよくある。しかし、ネットインフラのエンジニアが関わる仕事の内容は、ネットサービスを提供するサーバーや通信機器の構築とメンテナンスである。そのため、インフラエンジニアの仕事自体に、エンターテイメントの要素はなく、華やかさを感じられずにギャップに陥りがちである。冷静に考えれば、インフラのエンジニアがエンターテイメントとは直接関わりあいがないことが分かる。しかし、ネットサービスを通じて、多様な業界でのインターネット上でのビジネス展開に協力する事ができるという点では、この仕事をキャリアパスに選ぶメリットは大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です